WORKING HOLIDAY

オーストラリアワーキングホリデービザ申請の年齢制限は正確にいつまで?セカンドワーホリ・サードワーホリの場合は?【VOL.13】

今回は、オーストラリアのワーキングホリデーのビザを申請するときの年齢についてのお話です。

留学の場合、基本的に年齢の制限はありませんが、ワーキングホリデーの場合はどこの国も年齢制限を設けています。

関連記事:【2020年版】ワーキングホリデーとは簡単にどんなこと?

オーストラリアワーキングホリデービザの年齢制限

ビザの申請の年齢に関しての記載は下記のとおりです。

査証申請時の年齢が18歳以上30歳以下であること

出典:Australian Government – Department of Home Affairs Immigration and citizenship

拡大してみると

This visa lets people 18 to 30 years old(inclusive)となっています。18歳から30歳までの人となっております。(カナダ、フランス、アイルランドの国籍は18歳から35歳までです)

inclusive は〔~を〕含めたという意味です。その為30歳はOKです。

今までに私が受けた年齢に関しての質問を回答と含めてお答えします。

31歳の誕生日の前日までに申請すれば大丈夫?

私は、12月24日に31歳になりますがいつまでにオーストラリアのワーキングホリデービザを申請すればいいですか?

12月24日が31歳のお誕生日なんですね。その場合は前日の12月23日までにビザの申請をすれば大丈夫ですよ。

ただし、ぎりぎりのビザの申請はお勧めしません。なぜかというと、オーストラリアワーキングホリデービザを申請するサイトは、よくメンテナンスを行っています。もし、お誕生の前日がそのメンテナンス時期だとビザの申請が出来ず、ワーキングホリデーのビザを申請出来ないことになってしまいます。
遅くても1週間前に申請されてくださいね。
ビザを申請するときに必要な物があります。【パスポート】【クレジットカード】【英文の残高証明書】です。戸籍が変わっている方の場合、この戸籍を証明する翻訳された戸籍抄本も必要です。1日では必要書類は揃えることができませんので、必要書類は1か月前から準備をスタートするのがいいでしょう。

関連記事:オーストラリアワーキングホリデー申請に必要な残高証明書の取得方法

そうなんですね!


健康診断が必要な場合は?

健康診断が必要なケースがあると聞きました。この場合はいつまでに申請が必要ですか?

オーストラリアのワーキングホリデービザの場合、健康診断が求められるケースが稀にございます。その場合でも、オンラインでの申請が30歳(31歳の誕生日前)であれば問題ありませんので安心してください。

健康診断が必要なケースは、例えばセブ留学を3か月以上した場合・ビザを申請するときに【現地到着後子供に関わるボランティアやお仕事をする予定】にチェックをされた場合・在日韓国人の場合などです。

そうなんですね。オンラインの申請を基準に考えればOKなんですね。

はい、その通りです。健康診断はビザ申請後、必要な方にはメールでの連絡とイミアカウントから確認が可能です。指定の病院が決まっているので、そちらで予約をして頂きます。
事前に健康診断を受けていいですか?と質問を頂く事がありますが、事前に健康診断を受けても意味がありません。


セカンド・サードワーキングホリデービザの年齢制限は?

オーストラリアはセカンド・サードワーキングホリデービザの申請が可能ですよね。これらのビザの年齢制限はいつまでですか?

セカンド・サードワーキングホリデービザの申請もファーストワーキングホリデービザの申請年齢と一緒です。
31歳の前日までに申請が必要になります。


31歳の誕生日の前日までにワーキングホリデービザの申請をしたが、まだ許可が下りない場合。

31歳の誕生日を迎える前にビザの申請をしましたが、まだ許可が下りてないです。もう、ワーキングホリデーのビザは下りないでしょうか?

31歳の誕生日までに申請が完了していれば問題ありません。

ビザの申請がしっかり行われているか、ビザ申請をした後に確認をしてください。確認方法は、
①登録したメールに【Notice of Acknowledgement】が届いているか。
②イミアカウントのビザ申請のStatus(ステータス)が【Received】【In Progress】のどちらかになっているか。
このステータスが【Finalised】となればビザは下りたことになります。

上記のどちらかでビザの申請が完了していることが確認出来れば、31歳になってからもビザの許可の連絡が来ていなくても問題ありません。


入国の時期に関して

ビザの許可がおりましたが、いつまでに入国しなければいけないんでしょうか?

ビザが下りると移民局から【IMMI Grant Notifiation】というタイトルのメールが届きます。このメールが届いたらビザの許可が下りたという事になりますが、その中に【For First entry, Arrive by】の項目があります。それが入国の期限となりますので、それまでに入国するようにしましょう。


他にオーストラリアのワーキングホリデーの年齢制限に関して質問がある方は是非コメントで質問を残してください。皆さんから頂戴した質問に関しも順次回答していきます。

留学・ワーキングホリデーで物件を見ないで日本からまたは現地到着後シェアハウスを決めるのが危険な理由【VOL.12】前のページ

アメリカの学生ビザが下りなかった人がオーストラリアの学生ビザを申請する場合【VOL.14】次のページ

関連記事

  1. WORKING HOLIDAY

    オーストラリアワーキングホリデー最短準備期間とは?【VOL.9】

    -VOL9-今回は、ワーキングホリデーの準備期間に関してのお…

  2. WORKING HOLIDAY

    オーストラリアワーキングホリデー申請に必要な残高証明書の取得方法【VOL.11】

    今回は、オーストラリアのワーキングホリデービザを申請するときに必要な…

  3. WORKING HOLIDAY

    ビザ申請間違って質問を回答してしまった時の対処法【VOL.24】

    今回は、ビザ申請後入力内容に間違いを発見した場合の訂正方法です。こち…

  4. WORKING HOLIDAY

    【2020年版】ワーキングホリデーとは簡単にどんなこと?【VOL.10】

    -VOL10-今回は、ワーキングホリデーってなに?というお話…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

最近の記事

おすすめ記事

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  1. WORKING HOLIDAY

    【2020年版】オーストラリアワーキングホリデービザを自分で申請してみよう!【V…
  2. WORKING HOLIDAY

    【2020年版】オーストラリアワーキングホリデービザ申請のイミアカウントを作成し…
PAGE TOP