STUDY ABROAD & WORKING HOLIDAY

旅行や留学で自分探しは出来るのか?【VOL.3】

-VOL3-

今回は、自分探しの旅、自分探しの為の留学に関してのお話です。

「自分探し」カウンセリング中、何度か耳にした事があるこの言葉。日本の生活に疲れたから、自分探しの為にワーホリに行きます。何か見つかるかもしれないから、留学しに行きます。

自分探しの旅の定義とは?

それまでの自分の生き方、居場所を脱出して新しい自分の生き方、居場所を求めること。「自分探しの旅に出る」

goo辞書より

アイデンティティの確立や自己実現のための取り組みを意味する語。「自分らしさとは何か」を追究するための自己分析や、「自分は根本的に何を求めているのか」を追究するための自己啓発、夢を実現するための諸種の取り組みなどを含む概念として用いられる。

Weblio辞書より

私の自分探し体験

私も実は自分探しの旅に出たことがあります。その当時の私の考えは本当に安易な考えだったと思います。私は、勤めていた会社を病気の為退社しました。実は保険金が入ったので、それを残して置いたらまた病気が再発するかもしれないというよくわからい言い訳で3か月オーストラリアへ「自分探しの旅」にでました。旅行を通して出会いがあれば、誰かから刺激を受けたり、何かから刺激を受けたりできるのではないか?よくテレビで見る「〇〇で人生が変わりました」「〇〇に出会って私の人生が変わりました」というのを期待していました。

実際の「自分探しの旅」は、充実していました。オーストラリアほぼ全土をめぐるながら、各都市でツアーに参加して、各国からツアーに参加した人と出会いもあり、バックパッカーの滞在でも出会いが沢山ありました。この経験が留学カウンセラーとして役に立ったのは事実です。しかし、ここで何か閃きやピンと来た!という経験はしていません。自分のゴールは見つけることはできなかったのです。

海外で自分探しは出来るのか?

自分探しの定義は、”それまでの自分の生き方、居場所を脱出して新しい自分の生き方、居場所を求めること。”

”それまでの自分の生き方、居場所を脱出して”

この部分は、クリアできますね。仕事をやめ、住んでいる部屋を解約。決断は必要ですが、誰にでもできます。

”新しい自分の生き方”

新しい自分の生き方を見つけるのはかなり至難の業ではないでしょうか?日本にいても見つけられないこと、海外に行って見つかるという考えは捨ててもらったほうがいいです。それより、新しい自分を探す前に今までの自分を考えてみてください。自分の強みは何か?自分の弱みは何か?今まで何をやってきたいのか・・・今までの自分を知らなけらば、新しい自分を見つけることは不可能です。

”居場所を求めること”

海外で自分の新しい居場所を求めることはかなりハードです。そこにはビザ問題があるからです。ひと昔前は、オーストラリアの場合自分の力で永住権を取るのは不可能ではありませんでした。事実私の友達も数多く、永住権を取得して今現在オーストラリアに住んでいます。ワーキングホリデーで仕事していた職場からビジネスビザを貰い、数年後永住権の取得。専門学校・大学に通い、その後永住権を取得。これとは別にオーストラリアで出会いがあり、結婚をして永住している人たちもいます。

今現在は、ビジネスビザも相当なことがなければ取得は難しいです。ビジネスビザ申請には、約100万円が必要です。正式にはこの金額はあなたが払うものではなく、会社があなたの為に負担します。中には、ビジネスビザを出すが申請代金は自分で負担してという会社もありますが、これは違反です。これだけの金額にプラスで給料もほかのオーストラリア人より多く支払いが必要になって来たります。それだけの魅力があればもちろんビジネスビザの申請は可能ですが、自分はどうでしょうか?日本人は仕事はまじめにやる。(←固定観念ですが)といってもオーストラリア人と対等に英語を話すことが出来る人はどれくらいいるのでしょうか?その競争を勝ち抜く力があれば出来ると可能性はあります。

オーストラリアの大学を修了すると、卒業ビザがおります。この期間にスポンサーを見つけて仕事をして、そして永住権を取得することもできます。オーストラリアの大学は学科によって違いますが、IELTS6.0以上の英語のスコアが必要です。英検だと準1級程度、ここまで英語力を上げるのに、初級のレベルの英語力の方だと、通常1年以上かかります。トータル4年(英語1年間・大学3年間)の場合、かかる費用は1,000千万円ほどです。3年の大学も順調に進んでの話になります。何か落とせばそれだけ追加で料金もかかるし時間もかかります。これだけ、かける意思がある方はこの方法が確立的にいうとより永住権に近づける道だと思います。

結論:海外で自分探しが出来るのか

出来るが
いつになるかわからない

これが私が皆さんに伝えたいことです。自分探しという考えではなく、是非DOTS(点)探しに出かけてください。【一見は百聞は一見に如かず】英語には【Seeing is believing.】というように自分で見ることが必要です。そして、見て自分で体験して感じで欲しいです。その旅行や留学で自分を見つけることが出来るかはわかりませんが、たくさんのDOTS(点)を見つけることができます。そして、そのDOTSがいつか線でつながる事で自分が見つかるのではないでしょうか。海外の生活に触れることで、日本のよさもわかります。何が足りなくて、何が充実しているのか。そこも是非感じて欲しいです。

出典:Pixabay

留学の目的がなくて悩んでいる人達へ-目的・目標は必要か不要か?【VOL.2】前のページ

留学・ワーキングホリデーで転出届の提出は必要なのか?【VOL.4】次のページ

関連記事

  1. STUDY ABROAD & WORKING HOLIDAY

    オーストラリアビザ申請。健康診断を求められた場合どこの病院で受けられる?【VOL.21】

    今回は、オーストラリアビザの申請をした後に、健康診断を求められた場合…

  2. STUDY ABROAD & WORKING HOLIDAY

    留学・ワーキングホリデー中の海外旅行保険の重要性【VOL.5】

    -VOL5-今回は、海外旅行保険の重要性に関してのお話です。…

  3. STUDY ABROAD & WORKING HOLIDAY

    留学・ワーキングホリデーの時にお金をどうやって持っていく?【VOL.6】

    今回は、どうやって長期で海外に行くとにお金を持っていけばいいのかのお…

  4. BLOG

    パスポート・記憶がなくても大丈夫。出入国記録の申請方法をご紹介します【VOL.15】

    今回は、出入国記録のお話です。最近は出入国が顔認証ゲートにな…

  5. STUDY ABROAD & WORKING HOLIDAY

    留学・ワーキングホリデーで転出届の提出は必要なのか?【VOL.4】

    -VOL4-今回は、日本出発前に必要な手続きに関してのお話で…

  6. TRAVEL

    オーストラリア入国カード(Incoming Passenger Card (IPC))の書き方【VO…

    今回は、オーストラリアに入国する際に必要な入国カードの書き方に関して…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

最近の記事

おすすめ記事

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
  1. WORKING HOLIDAY

    【2020年版】オーストラリアワーキングホリデービザを自分で申請してみよう!【V…
  2. WORKING HOLIDAY

    【2020年版】オーストラリアワーキングホリデービザ申請のイミアカウントを作成し…
PAGE TOP